カテゴリ:さくままの診察録( 18 )

装具装着!


一回打ち込んだけど、全部消えちゃいました…(ToT)
もう一回頑張るぞd(-_-)

診察がおわって、やっと装具の番です。すでに5時半過ぎ…
ボチボチ疲れがキテます{{ (>_<) }}
足首装具装着!お~ピッタリフィット!
足が軽い~!歩きやすいぞ!素晴らしい~(^-^)v装具ってすごいなぁ…
さぁ次は膝の装具の形取り!
膝周辺にラップ巻いて~
石膏みたいな包帯巻いて~
乾くまで待って~
乾いたら切り込み入れて外して~
切ったとこをホチキスでパチン!で膝の形の出来上がり!………
あの~明らかに他の人の形よりデカ太いんだけど…わたしの膝……(ToT)
なんか立てると、洋式便器みたい(`ε´)
まぁ仕方がないんだけどね(ToT)
どんなのが出来るかは、来週のお楽しみ!
[PR]
by sakuchobitora | 2006-07-13 13:52 | さくままの診察録

抜糸っす(^-^)

さて、退院から1週間。体中の垢が浮き上がって、粘土を身にまとった気分のさくままです。
昨日は待ちに待った診察日!抜糸の日でした。
昨日は、さくぱぱが仕事だったので、じーちゃんに送ってもらいました。
が…装具が4時に予約だったから、3時半に出るよって行ったのに、
3時頃から車のエンジン掛けて、家の前を行ったり来たり…勘弁してくれ~(ToT)
あんまり早く行っても長く待つだけだから、ギリギリに行きたいくらいなのに~<(`^´)>
仕方がないから、25分に出て行きました。(25分も外で待たせるさくままもすごい(=_=))
病院に着いて、電話したら迎え来るからって言ってくれたじいちゃん。
「お願いしま~す」って言ってサヨナラしました。
病院に着いた時間…3時40分…20分も早いじゃね~か(`ε´)
まっ、しょうがないから受付して、待つ事30分。
装具を作る先生が気付いてくれて、「足首の装具できてるよ。診察の前に付けて、
膝の形を取っちゃおう」って言ってくれたから、
すぐ呼ばれると思って、ドアが開くたびに集中!
でも呼ばれることはなく、時間が過ぎるばかり…
結局、診察予約の4時30分に診察で呼ばれる方が早かった…
あの30分は何だったんだ~<_<)o>>
診察室に呼ばれて、「装具はずして待ってて」って言うから、膝のだけ取って待ってたら、
前にブログに出てきた○○さんが登場!「抜糸だって~?」「うん。痛いかな~?」
なんて話してると、さっき装具はずして待っててって言った看護師さんが、
「あ~足首のも全部取って!」って吐き捨てるように言いながら通り過ぎて行った…
○○さんに「全部取るなら始めに言ってけよ!まったく…」と小声でグチってしまった…
しばらく待って、先生登場!~ヽ('ー`)ノ~
「さ~て抜糸だね。行くよ!」ピンセットで糸をつまみながら、カッターみたいなので切って…
すね毛を抜かれてるみたいな感じ?「あと、10針くらいかな~」ピッピッ←糸取る感じ
「先生~たくさんある時は言わなくていいです~」
「そぉ?残りがわかった方がいいでしょ?あと3針ね~」
「3…2…1…終わった~」←心の中でなく声に出して先生と一緒にカウントしてた(^-^)
終わったから傷口をみたら、血がでてる!心の声…「血~でてるじゃんよ~」
絆創膏貼ってはい終了!
「今日からお風呂いいからね」「えっ!シャワーじゃなくて、浸かっていいの?」
「膝曲げなければ浸かっていいよ。」
この言葉をどれだけ待ち望んだか(ToT)やっと垢まみれの身体から脱皮できる!
うれし~d(^O^)b

じゃ、次は装具ね~
[PR]
by sakuchobitora | 2006-07-13 12:55 | さくままの診察録

うわっ!すっげ~

包帯を外して、先生を待つ間、初めてマジマジと傷口を見た…すっげ~('◇')ゞ
膝上に2か所、計3針。膝横に縦に長さ30cm、
何針かはわからないけど、10針以上なのは確か。
1cm間隔位に縫ってあります。「目が荒いな…」と思ってたら、
看護師さんが「きれいに縫ってありますね」って…心の中を読まれた気分。
「これできれいなんだ…」 「形成外科じゃないから
そんなに細かくは縫わないんですよ」 「へえ~」
で、先生登場!おっ!床屋行ってきたな!
「来週装具できるでしょ?その日、抜糸するからね。
そうしたら、お風呂入っていいよ。でも、膝曲げないで入れる大きさ?」
「普通の大きさです。」 「じゃ、シャワーだね」って
多分、我が家のお風呂は伸ばして入れると思う。
入院前そうやって入ってたし…って思ったけど言わなかった。
で、消毒チョンチョン、ガーゼに包帯グルグル…で、先生がまた
「ほら足上がっちゃうんだ、これが。」「すみません。」
「いやいや、こういう人は安心して手術できるんだよ。」
誉められたのかなんだかわからないけど、
悪くは思われてなさそうだからいいさ!
じゃ消毒も終わったことだし、部屋に帰るかね…
車椅子にうつる時看護師さんが「さくままさん、相変わらず身軽ですね~」と
笑顔で言ってくれちゃって…まぁいいんだけどねσ(^◇^;)。。。

明日、退院できる事になりました!
これも、すべて、皆さんの面白いって言葉と、励ましのおかげです。
もちろん、さくまま自身の有り余る体力と、回復力。これもはずせません。
帰ったらまた、パソコンから一生懸命打ち込みます!
これからもよろしくご贔屓にm(_ _)m
[PR]
by sakuchobitora | 2006-07-06 16:24 | さくままの診察録

ふって~足!

先程診察&装具のための足型取り&腕のギブス変えが終了しました!
診察は、傷を見て、消毒チョンチョン…終了。
でも先生、気になるのか、何回か形取りの様子を見に来てたなぁ…
で…先生が私に聞いた事…「いつ頃から太ったの?」
うっわ~なんて直球ストレートのど真ん中。
「小さいから頃から太ってけど、子供産んだらブクブクと…」「そう…」
そこで止めないで何か言ってくれ~っ!…そう思った時「でも、ホントに身軽だね。」
「はい?」話のつじつまが若干合わないような気がするんですが…
まっ、褒められたんだと思ってヨシとしよう!
さて、足首につける装具の形取り…なぜ形取りをするのか…
それはね~…足が太くて、既製の物がハマらないから~w(☆o◎)wガーン
この話を今日来てくれたY姐さんに言ったら、
また笑いツボにハマって、ヒーヒー言っちゃった…

そんなにおもしろいかなぁ?

ちなみに来週膝の装具の形取りをすることが決定済み!
理由は、足首が太けりゃ膝も太いってことだ!
オーダーメイドの物しか着けられない足なんて、素敵よね~(*'-^)-☆

ってことで、形取り開始?
膝から下をラップで巻いて、蒸します。←違います!
石膏らしき物でできた包帯みたいなものをくるくる巻きます。
ナゼナゼして、平らにします。
立って、固まるのを待ちます。辛かったっす。
固まったら、青鉛筆で何か所かに印を付けます。←なぜか青鉛筆
刃のないカッターみたいので切ります。
靴を脱ぐように脱ぎます。
切り口をホチキスで止めます。
抜け殻の出来上がり~(o^-')b
まぁ~ふくらはぎの太いこと!びっくりです!
来週、どんな装具が出来てくるか楽しみ~
画像をアップするので、お楽しみに~(^-^)/~
[PR]
by sakuchobitora | 2006-07-05 19:21 | さくままの診察録

術後、初診察

本日、手術後初めての診察がありました。
私を見た先生の第一声…「なんだすごい元気だな~」「そうですか?」
消毒のために包帯をくるくる取りながら、更に先生は…
「普通は、術後3日目なんて痛くて足上げられないんだけどなぁ」って
私、包帯交換で自分で足上げてるし…それも空中でキープしてるし…どういうことよ?
普通じゃない?でもガーゼを剥がすのはいだがった…「いだっ!」「あ…それは痛いんだ」
あのね~と思いながら、「痛いです!(怒)」
「あはは(笑)そうか、そうか。そこの神経は大丈夫だ!」そういう問題じゃないでしょ…
消毒が終わると、気持ち悪い私の手術写真を見せながら、
「神経はね完全に切れてたからどうしようも出来なかったよ。
見て、ピンセットでつまんでるのが神経ね。
つまんで、反対の方に伸ばして押し込んでも、
イモムシみたいに丸まっちゃうの、わかる?」
わかるけどさ…人の神経つまんでイモムシって…(`曲´#)
「それはしょうがないです…聞いてたことだから。で…車は運転できますか?」
「えっ…今それを聞くの?」「あはははは~さくままさんらしい~」
なぜか看護師さん達大爆笑
「足首が踏み込めなければアクセルもブレーキも踏めないでしょ?」
「はい。でもそのうちは?」
「このままでは無理だね~足首の装具でどの位補えるかってことと、
腱を移植すればできるかな。でも、とりあえずは膝を治して、
90度以上曲げられるようにしないと…」
「わかりました…がんばります」さくまま決心!頑張って車運転する!
看護師さん達…「ホントさくままさん元気だよね~○○さんが言ってた通りだ。」
○○さんとは…長男次男のサッカー仲間の母である。
私のことを何だと言ってたんだ!聞き出さなくては!<(`^´)>
「腕のギブスも変えなくちゃね」 「はい、臭いです。メッシュの間から臭ってきます。」
「(笑)じゃあさってに変えよう!」「は~い。お願いします」
「じゃ今度の診察は木曜ね。」「ありがとうございました~」

本日の診察中継でした。
[PR]
by sakuchobitora | 2006-07-03 22:23 | さくままの診察録

ま~たやっちゃいましたPART3

さて、PART1、2と書いてまいりましたが、
とりあえずこのタイトルでは今回が最後です。
徐々に重傷になっているのがおわかりかと思います。
さて、今回はとうとう・・・・になってしまいます。お楽しみに!
最後まで読んでやってくんなまし~

はっきりした名前が付いて、ちょいと安心したさくままさん。
今日(23日)は、さくぱぱ連れてスポーツ外科の診察です。

「さくままさ~ん、どうぞ~」 「は~い」

中に入ると、先生がわたしのレントゲンとMRIをじ~~~~っと見つめてる。
さくまま心の声・・・・・・いや~ん先生そんなにじっと脂肪で真っ白な
              写真見ないで~~~恥ずかしい~~・・・・・・・・

ま、せんせはそんな事考えてるとは知りもせず・・・(知るわけないって)
結構長く見てる・・・「ん~横になって。」  「あい!」
横になると、膝をもみもみもみもみもみ・・・別に、揉んでるわけじゃあないんだけどね・・・
麻痺をみるのに、チクチクチクチク・・この日は、針みたいので刺されてたみたいだけど、
わかるところは痛いんだけど、麻痺のところはぜ~んぜん痛くない。

「はい、い~ですよ~」
「結論から言うと・・・・外側の靭帯と、後十字靭帯、ひ骨神経が切れてます。
・・・・・・手術しましょ。え~~っと、今は腫れてるから1週間後の30日ね。」
「はぁ・・・」
「どうですか?自分で腫れてると思います?見た感じあんまりわからないんでね。」
「はい・・・私的にはすごく腫れてるんですケド・・・」
「そうでしょうね~」
「はぁ・・・」軽~くジャブ食らった感じ?

「じゃぁ、手術の説明しますね。」
模型を手に、話し始めるせんせ。
「この外側の靭帯が捻ったときに切れてて、その近くにある神経も
一緒に引っ張られて、全部ではないけど、切れてると思います。」  「はぁ~」
「真ん中の後十字靭帯も切れてるみたいだね。」  「そうですかぁ。」
「今回の手術は、外側の靭帯をつなげて、神経がつながりやすいように
ならべてあげるって感じかな。引っ張られて切れてるから、
包丁で切ったようにきれいじゃないから、縫うのはムリなんだ。
だから、きれいに並べてあげて、自分の力で繋がるのを待つしかないんです。
まぁ、治る確立は6:4かなぁ・・・もし、完全に治らなくても、いい装具があるから
日常生活には困らないから、だいじょうぶだよ」   「そうなんですかぁ・・・。」

自分でも、何て冷静に聞いてるんだろうって思うほど、淡々と説明を聞いてました。
聞きながらも、「いや~車の運転ができないなぁ~。とか、サッカーの当番どうしよう。
とか、入院中に自然教室があるなぁ。とか、さくらは・・・預けるか。
なんて頭の中で予定帳がグルグルグル・・・

一通り説明が終わって、「入院前の検査しますね。ちょっと待ってて下さい。」「は~い」
結構待ったなぁ・・・途中で、さくぱぱに「スポドリ買ってきて。」ってたのんだら、
水買ってきた・・・まぁいいか。口の中水分なくなってて、
気持ち悪いから水のほうがいいな。ゴクゴクゴク・・・

「さくままさ~ん、お待たせしました~」
蝶々みたいな注射器もった看護士さんが笑顔で歩いてきた・・・
この笑顔が、数分後には消えることを知らずに・・・ジャ~ジャ~~~~ン

「ちょっとチクッとしますよ~。はい・・・・あれ?出ないなぁ・・・・ちょっとごめんなさいね。」
針刺したまま・・・血管さんどこですか~・・・ってな思いで探してるんでしょうな。きっと。
で、結局、「ごめんなさいね、違うところで取らせて下さい。」
「はい、どうぞ。どこでもやっちゃってください。」こうなることは覚悟の上。
子供生むときから、さくままさんは、血管が細いから取れないって
よくいわれてましたから~~~まぁ、針刺したって、大して痛くないし・・・。ホントだよ!

「じゃ、今度はここで行きますね・・・・チクッてしますよ~・・・・あっ出た。
・・・・あれ~出なくなっちゃった・・・ごめんなさい。ここでも全部取れなかったです。」 
「すいませんねぇ。肉がたっぷりだもんで・・・」
「大丈夫ですよ。血管は腕が太くても、細くても、深いところにあると出にくいんです。
おまけに、さくままさんは、片腕しか使えないから・・・。」   
そうでした。右腕一本しか使えないんだった・・
「つぎは、手の甲でもいいですか?」   「どうぞどうぞ、どこでも行っちゃって下さい。」
「じゃ、いきますね~・・・・う~~~~・・・・ここでも・・・・ごめんなさ~い。
ちょっと休憩してもらって、いいですか~?」   「あいあい~どうじょ~」と、
看護士さんは、待たせている他の患者さんの採血をしに行きまた。
「他の患者さんで自信を取り戻してきてね~」と心の中で願ってしまったさくままでした。
違う患者さんでちょっと回復したであろう看護士さんが、
「これで取れなかったら、選手交代してもらいますね。」と宣言!!
そんなことは今後の彼女の看護士人生に何らかの影響を、及ぼすことを確信したさくままは、
右腕の血管たちに命令を下した!!「血管ども!!これから入ってくる注射針をどんな事情があろうとも、拒否してはならん!!快く受け入れるのだ~~~」と、あくまで、心の中で・・・
すると、どうでしょう(びふぉーあふたー風に。水曜どぅでしょうではありません)
今まで、決して出でこようとしなかった血液たちが、
あふれんばかりに湧いて出てきたのです。
「あ~~~~出ました~!!!よかった~。」   「良かったね~」と言いながら、
「血管ども!よくやった!任務完了だ!!」とほくそ笑んだのであった。

血液採取が終わると、今度は心電図。
ベッドに横たわり、吸盤をつけながら・・・ちょっと寝ちゃおう・・・・と考えていたけど、甘かった。
あっという間に終了。「早いですね」  「付けちゃえば早いんですよ」「あ~~そうなんだ・・」

「最後にレントゲン取って終わりですよ。待ってる間に入院の説明しちゃいますね」
持ち物などの説明を丁寧に受けて、書類をもらい、レントゲンを待つこと・・・どんくらい?
わからないくらい長かった・・・レントゲンを取り終え、
会計を済ませ、家に着いたのは昼過ぎの1時。8時前に家を出て、帰ったのは1時。
5時間も病院にいたなんて・・・疲れた・・・さくぱぱは、もっと疲れたでしょう。
ぱぱ、ありがとね(*^_^*)

さて、入院中さくらは、ドッグスクールへ預けることに。今日からお泊まりです。
寂しいけど仕方がない。我慢します。

動けなくなってから家事のすべてを引き受けてくれてるぱぱ。
いつもはゴロゴロしてばっかりいるのに、いざというときは、頼りになります。
家の中も、いつもよりきれいなような気が・・・ごはんもおいしいし、言うことなし!!

治ったら、楽してもらうからね。もう少し、お世話掛けます。
[PR]
by sakuchobitora | 2006-06-25 16:21 | さくままの診察録

ま~たやっちゃいました PART2

さて、家に帰ってから1晩が経ち・・・っていっても、
8度5分の発熱でほとんど寝ることが出来ず、
うつらうつらしたくらいでした。

今日は、スポーツ外科のある病院へ・・・
ここの病院は、Jリーグのチームドクターがいる病院で、
雰囲気も良く、とてもきれいでした。

「さくままさ~んどうぞ~」
整形外科の中に入り、昨日と同じ説明をして、膝のことも言いました。
「じゃ、ベッドに横になって下さい。」
膝の後ろから・足先まで丁寧に見てくれています。
膝も横から縦から押してみたり、引いてみたり・・・
「膝が沈むのが気になるなぁ・・・」
沈むとは・・・
足首を少し持ち上げた状態で膝小僧を押すと普通は
行かないところまで膝がたわむことである。

足首から下が上がらないことを言ってあったので、
ピザカッターのギザギザ版みたいなので、
感覚の検査もしてくれました。
レントゲンをまた何枚も撮り、見ています。
「やっぱり骨はなんでもないなぁ・・・となると、靭帯かぁ。
でもね、靭帯はレントゲンには写らないから、MRIを撮らないと
わからないんですよ。いつもなら、膝の後ろをさわると
ある程度の診断が付くんだけど、ごめんなさいね。僕の手が
届かなくて、わからないんです。」キタ~ここでもか~
「すみません、太くて・・・」「いえ、こちらこそすいません。」

で、MRIなるものを撮ることに。40分くらいかかるというので、
まずはトイレへ・・・普段は邪魔だと思う手すりが、
こんなにありがたいものなんて・・・と思いながらスッキリ!!

中に入ると、でっかい機械がデ~ン!!
でも、なんとなく入り口が狭そう。入るかなぁ?などと考えながら
横になり、膝を固定する半円の器具の中にはめました。
「おっ!大丈夫そう・・・」
上からも半円の同じものをかぶせると・・・チクッ・・・ん?これは・・・
「すいません。肉が挟まってるんですけど・・・」
「あ~すみません。大丈夫ですか?」
「すいません、太くて・・・」
「いえ、じゃぁもう一度」・・・チクッ・・・またか?
「あの~、今度反対側が挟まってるんですけど・・・」
「あ~~~ホントにすいません、大丈夫ですか?取れました?」
若い技師さんだったので、かわいそうになっちゃいました(>_<)ゞ

で、それから30分・・・結構長いのね・・・無事終了
結果を見て、
「やっぱり、靱帯が伸びてるかなぁ・・・ここのところがはっきりしないでしょ?」
なんて言われたって「はぁ~そうですね~」って言うしかないみたいな?
わっかんないもん!これだ~あれだ~言われたって(-_-;)
結局ついた題名が、右膝複合靱帯損傷。右腓骨神経不全
なんだかよく分からないけど、原因がわかってよかったよかった。

てことで、昨日シーネで固定していた肘をギブスで固定。
腕を持ち上げられたときに肩に激痛が・・・「いだっだだだ」
「ごめんごめん。どこ痛い?」
「肩が、脇の下が・・・筋が・・・」
「そっか、じゃあ写真撮っておこうか。先にギブス巻いちゃおう」
お湯をつけたギブスの素を腕にくるくるくるくるくるくる・・・・・・
「腕も立派だから2セットじゃあ足りないなぁ」・・・・「すいません・・・・・」
「うあ~~~~いだだああだだ。先生肩が肩が」
「あああああごめんなさい。そんなに痛いの?」
痛くなくちゃあ騒ぎません!!これでも痛みには強い方だと思うんですが(^^)

膝は、ニーなんとかっていう太ももからふくらはぎまでをおおう固定具で
支えることに。サイズはもちろんLL!
大丈夫かぁ?なんて思いながらチャレンジ!!と思ったら、
看護士さん・・・「膝ってここですよね?」おいおい、勘弁してよ~
「そうです・・・多分」断定できない自分も悔しい(T_T)
マジックテープ・・・よし!届いた!(^_^)bOK~

さぁ、最後のレントゲン。行ってみようか!

レントゲン室に行ってみると、ベッドではなく、
立って撮影する装置の前へ車いすがセットされた・・・
心の声「おいおい、この固定された足で段差を上れっていうのか?」
「じゃぁ、補助するから、乗ってください」
やっぱり~~~~わかったわよ!!立ちゃ~いいんでしょ!立ちゃ!

ここで、油断が生まれた・・・目の前にある手すりを両手で掴んでしまったのだ!
何が起こったかというと・・・立ち上がったら、
車いすがおしりにくっついたままもちあがってしまったのだぁぁぁぁぁぁ~~~
「あっ、しまった~見られた」
補助してくれた人の顔は終わってからも見れませんでした。

肩も骨には異常がなく、筋に何らかのダメージがあるんでしょうとのこと
最後に先生「骨が丈夫ですね~。」
まぁ、靱帯が切れるほど引っ張られてても欠けもしない立派な骨ですから!

膝は、スポーツ外来の膝専門の先生にみてもらってください。って事だったので、
後日、行くことになりましたとさ。PART3に続く・・・   チャンチャン
[PR]
by sakuchobitora | 2006-06-23 23:41 | さくままの診察録

ま~たやっちゃいました・・・

今日のブログは大変長く、痛々しいですがですが、多分笑えます。
さくまま本人は自分のネタで笑っていただくことを大変うれしく
思っていますので遠慮なく大笑いしてください。

悪夢の火曜日・・・楽しくトランポリン跳んでました!!し・・しかし
ヘマしちゃった^_^;変な落ち方(床でなく、台の上です)して、
左肘と右膝負傷・・・救急車で病院へ・・・初乗り救急車で車酔い・・・
痛いし、気持ち悪いし、つらかった~(;_;)
それなのに~救急隊のおじさん・・・血圧はかるのに
腕出したら「立派な腕ですね~」ときたもんだ。
「太くてすいませ~ん」て言ったら「いいんですよ、気にしないで」だって。
気にしなくて良いって言うんなら、思ったことを口から出すなっちゅ~の!!

20分位で病院到着!!
救急車の中で聞かれたことをもう一回聞かれてからレントゲン撮影へ
ストレッチャーで行くんだけど、そこで今度は看護士さんが・・・
押そうとしたら・・・重くて動かない・・・「ん~よいしょっ。ちょっと一緒に押して!」
と近くの男看護士さんに言いました。「重くてすいません・・・」
「いいんですよ。気にしないで」って気にするっちゅうねん(-_-;)
もしかして、人が変わるたびに謝るのか?と不安になりつつレントゲンへ。

レントゲン室にいるみなさん総勢4人位。「せ~の」で撮影する台の上に
動かそうとするも、チョビットだけ「ずっ」と動くだけ。
ここでも、「重くてすいません~」「大丈夫よ」と慰められるも
何回かやったけど状況は変わらず・・・すると、一番年上と思われる
技師さんが「ごめんね~ちょっとづつ、急がなくていいから、自分で移ってくれる?」
それなら最初から言ってくれよ~(T_T)と思いながらも動きましたよ!!
「いだだだだ」って言いながら・・・ホントに痛いんです~肘が。

肘の写真を撮りますよってことで、固定してあった器具をはずすことに。
止めてあるマジックテープをビリビリビリ・・ってはがすと、その振動で
「いだいだいだ」「ごめんごめん、そっとやるから、我慢してね」「あい~」
「どの状態が痛くない?」って言われたって「どの状態でも痛いです~」
「え~困ったなぁ。コレじゃあ写真取れないから、もう少し我慢してね」
っていいながら、台の上に普通に肘を置かれ「あああああ~~~~」
「すぐ終わるからね。もう一枚」肘の向き変えて「いいいいううううううう」
「はい終わったよ。今度は膝ね」膝は痛みがなかったので良いやと思ってたら、
「はい、体の向き変えて」「えっ、ひいいいいいい~肘がぁぁぁぁ」
撮り終わったときには汗だくで、ビッチョリ。
で、結果は・・・右肘脱臼。肘も膝も骨には異常なし!
右足甲に感覚がないのは・・・分かりません。だそうで。

早速整形の先生に来ていただきます(いたのは外科の先生だった)ってことで
連絡してるのを聞いてると・・・「○○先生は?あっ回診中。じゃ○○先生は?
えっ携帯おいてどっか行っちゃった?え~じゃあ○○先生は?オペ?
わかりました。○○先生に回診が終わったら救急まで来てもらってください」
内容が丸聞こえ。おいおい、大丈夫か?この病院。
「しばらく時間かかりそうだから、痛み止めでも打っとこうか?」
「おねがいします。」ちっくん・・・モミモミ・・・「モミモミの方が痛いんですが・・・」
「筋肉注射だから、そうかもね。はいよし。じゃ、ちょっと待ってて」で、待機室へ。
付き添いの方もどうぞ~ってことで、一緒に来てくれたお友達とその息子T。
と・・・と?もう一人増えてる?あっせんせ~だ!我が息子たちの
トランポリンの先生に連絡してくれたのね。なんとなく、二人の顔見たら「ホッ」と
しちゃった。少しそこでしゃべってたら、「じゃあ行きますね~よっと」
「よっと?」あっとおもったけど、もう謝らなかったよ・・・

「じゃあ骨入れるからね。」「痛くしないでください~(; ;)」
「無理です」この一言で腹をくくりました。「泣かないようにがんばろう!」
「体重教えて」「○○キロです」「いっぱい薬使うなぁ・・・」「すいませ~ん」
「いいんですよ」 じゃあ言うな!!と思いつつ・・・
「ちょっとボヤ~っとする薬入れますよ~」「はい~」

ここからは、麻酔が聞いてる状態です。

なんか、すっごく気持ち良~~~く・・・・・・・眠~~~~~い
あ~腕引っ張ってる~~~でも痛くな~い持たれてる手首の方が痛いなぁ~~
気持ちい~~~寝ちゃお~~~っと・・・

肩をトントントン「さくままさ~~ん分かりますか~?」「は~~~い~~~・・・」
「写真撮りますね」「あ~~~い~~~」・・・移動・・・
「腕だけ出して撮ろうか」「そうだね」
「いだ、いだだだだ」  ここで目が醒めた。
「終わりましたよ~」行きますね。

「よし、きれいに入ってるね、じゃ、固定するから」 で、腕を持った瞬間・・カクン・・・
「先生、なんか、カクンって言ったんだけど・・・」 「えっ、あホントだ、はずれてる。」
ちょっと動かすと、また、カクン・・・「おっ入った。かなりゆるいね~。
出来るだけ動かさないようにね」そんな言ったて、痛くて動かせないし・・・
で、シーネと呼ばれる物で固定されて、腕終了。
で、膝から下が痺れてるんです~って言っても骨には異常がないから・・・
と言って見る気配なし。歩きにくそうだからって松葉杖を貸してくれたけど、
右足と左腕だから使いにくいし、痺れてるって言うか麻痺してるから踏ん張れない・・・
どのくらい痺れてるかというと、正座して、全然感覚がない時みたい。
歩くと、信じられないくらい足首がグニュッってなるでしょ?
あんな感じ。膝もカックンってなっちゃう。ちょっとだけ歩いたら、やっぱりコケた。
どうやって立とうかと思ってたら、ちょうど救急隊の人たちが帰るところだったようで、
「大丈夫ですか~立たせますよ~フンッ」・・・私のかわいいお尻が上がらない・・・
違う救急隊員が「○○さん、腰やっちゃいますから、変わりますよ。」
「重くてすいませ~ん」「い~え~大丈夫ですよ。せ~のっ!!」
やっと上げてもらって、車いすへ。「ありがとうございました」
痛み止めと、湿布をもらって帰宅の途へ・・・

つぎの日にも来てと言われたけど、何となく信用出来ない気がしたので
違う病院に行くことにしました。それはまた今度・・・

この日1日でダイエットをしようと固く決意したさくままでした。


f0066824_10412050.jpg

[PR]
by sakuchobitora | 2006-06-22 10:45 | さくままの診察録


FCRの「さくら」とJRTの「空(くう)」と我が家の日常をお届けします


by sakuchobitora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
さくらのお部屋
さくら家の人々
さくままサックス
さくままの診察録
さくままのリハビリ日記
さくままの入院日記
子ざるのサッカー日誌
子ざるのトランポリン日誌

お気に入りブログ

フラットコーテッドレトリ...
nemu★nemu にっき
母ちゃんちのご飯
Black paws d...
プリちゃんDAYS ...
おーしゃん日記リターンズ
ジョジョ丸の奇妙な冒険
ローザ通信
徒然むつ日記
ちょっと道草

おすすめ!

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧