「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ラ~ンチしてきちゃった♪

たった今、友達とランチして帰ってきました!

清水区(旧清水市)草薙にある葡萄の丘です。

お店のこだわりは、化学調味料や食品添加物はできる限り使わず、天然出汁や無添加ベースで一品一品丁寧にお作りした健康惣菜が並びます。・・・だそうです。

さくまま、90種類制覇を試みましたが、なかなか敵もやるもんで、
決着は次回に持ち越し・・・持ち越すの?  ハイ、持ち越します。

さくままの食べたものは・・・

1R 写真の色がものすご~く悪くて、不味そうですが、許して!!
f0066824_15264791.jpg

(どこのあるかわからない)揚げたててんぷらは、何が食べたいか言うと、
その場で揚げてくれるので、あっつあつ!
ごはんは、今はやりの雑穀米。歯ごたえがあって、おいしかった!
炊き込みご飯もGOOD!

2R
f0066824_1527923.jpg

1Rとは全部違うものです。どれも手作り!!って感じのお惣菜。
出来合いのものを袋から出して・・・ていうのは一切感じませんでした。

3R
f0066824_15272648.jpg

最後はもちろん、デザ~ト♪
ワッフルは、自分で焼くんです。そして、好きなジャムを乗せて召し上がれ!
私は、バターとメープルシロップが一番好き!
りんごのババロアは、サイコーにんまかった!!
食べたいケーキやゼリー、ババロアを1口ずつ食べれるのがイイ!


もう入らない!!ってくらい激食!
でも、この後、もう1人友達を誘って
お茶をしに和風喫茶へ!
そこでは、「ミックスソフトの白玉パフェ」を食。
写真忘れました・・・早く食べたくて。
ミックスソフトって、ふつうはバニラと○○なんだけど、
ここのは、抹茶とほうじ茶のソフト。
両方が混ざると・・・何の味かわかりません!お茶の味なんかしないし・・・
鼻から寒天が出てきそう・・・腹いっぱいで。

でも、また行くと思うんだな・・・きっと。
[PR]
by sakuchobitora | 2007-10-26 15:45 | さくら家の人々

アロちゃんと遊んだよ!

すでに、アロママのブログにあるようにさくらを連れて、遊びに行ってきました!

まずは、愛鷹公園。
少しだけでしたが、リードをはずして遊べました。
f0066824_147161.jpg

f0066824_14151489.jpg
f0066824_14153570.jpg
f0066824_14181016.jpg
f0066824_14182641.jpg

f0066824_14294077.jpg

f0066824_14184330.jpg
f0066824_14185783.jpg



お次は、千本浜海岸。
さくらは初海水浴。海水を飲んだせいか、翌日はすこしお腹がピーピーでした。
f0066824_14193863.jpg

f0066824_1420418.jpg
f0066824_14202119.jpg
f0066824_14203496.jpg
f0066824_14205243.jpg
f0066824_1421767.jpg
f0066824_14212563.jpg
f0066824_14214733.jpg
f0066824_1422175.jpg
f0066824_14222219.jpg
f0066824_14223970.jpg
f0066824_14225855.jpg


と~っても楽しい1日でした。
今度はどこにいっちゃう?アロママ!
すこしずつお友達が増えるといいなぁ~

また遊ぼうね!
[PR]
by sakuchobitora | 2007-10-24 14:35 | さくらのお部屋

また消しちゃって・・・2回目です

調子よ~く打って、最後の画像をアップしようとしたら・・・
消えちゃったよ~ (泣)

では、気を取り直して・・・
えっ!ちょびが癌!発覚即日手術!でございます。

消えてしまった1回目を書いてるとき、かなり、真面目な文になっちゃいました。
でも、命がかかわると、そうなるんでしょうね。

では、第2回戦!


事の始めは、7月の終わりころ。
ちょび(アルビノフェレット♂7歳)の目の下瞼に傷ができていたことだった。
その傷を見つけたのは2号。

「まま~ちょびの目から血が出てるよ~」
「掻いてて、傷になっちゃったんじゃない?」

こんな会話程度の傷だった。
ところが、1週間たっても傷がふさがらない。
ふさがるどころか、乾きもしない。おかしい。
でも、ひどくもなっていない。もう少し様子をみるか。

そんなことを思いながら、また1週間が経った。
今度は、なんとなく広がってるような気がする。
心配になって、獣医師会のHPでフェレットを
見てくれる病院を探す。2箇所あった。
近い方の病院に行くことにした。

診察を受けるが、ちょびを抱きもしないで
「湿疹を掻きくずしたんだね。抗生物質を
出すから、塗って、1週間後にまた来てください。」

言われたとおりに薬をぬって、1週間が過ぎた。
良くなってるようには見えない。
下瞼が腫れている。診察に行く。
「効かないみたいだね。薬を変えてみよう。
また1週間後に来て」

この頃から、ちょっと不安になってくる。
大丈夫か?このセンセ・・・

また、1週間。今回は、明らかに悪化している。
下瞼が腫れて、目の半分をふさいでしまった。
おまけに、いろもドス黒い。(これは、かさぶただった。)

「この薬もだめか・・・じゃ、今度は、目薬にしてみるから
また、1週間後に来て。」

ここで、我慢ができないと思った。
この人、信用できない。

そう思ったとたん、もう一度獣医師会のHPを開いて、
もう1件の動物病院を調べた。
そこは、今まで扱った症例をHPで紹介していた。
フェレットだけでなく、うさぎ、とりまで。

急いでその病院まで行った。
そして、受付をすると、名前や年など当たり前のことだけでなく、
普段、何を食べているか、おやつは与えているか、何に入れて飼っているのか、
トイレの中は何を入れているのか(うちは猫砂)、ケージはどこに置いているのか、
日当たりや、風通しはどうか、シャンプーはどのくらいの頻度かなどなど
前の病院では一切聞かれなかったことをたくさん聞かれた。
問診だけで10分はかかったと思う。
問診が終わり、診察室に呼ばれる。

「さくままさ~ん。どうぞ~」

優しい感じの院長先生だ。
「ちょびちゃ~んどうしたのかなぁ~ちょっと見せてね~
お腹の音も聞かせてね~」
獣医さんでなければ気持ちが悪いくらいたくさん話しかけてくれる。
聴診器でお腹の音も聞く。

前の病院では、一切そのようなことはなかった。
ろくに触りもしないで、見た目だけでの判断としか思えない。

「ここまでひどくなっちゃうと厳しいかもね~
なんでこんなになるまで・・・かわいそうに」

問診で前の病院のこともすべて話していたためか
特に怒られることもなかった。

じっくりと触診をしてから、目の診察に入る。
まずは、目をふさいでいるものを剥がす。

「これはかさぶただね。痛いけど我慢してね~」
剥がしたかさぶたの下にはまっ黄色の膿がたくさん溜まっていた。
思わず目を背ける。

「顕微鏡で見てみるから、待合室で待っててください」

待合室で待っていた数分間。とても長い数分だった。
癌だったらどうしよう。いや、傷が化膿しただけだからきっと大丈夫。
でも、もしかして、安楽死をすすめられたら・・・
そんなことばかり考えてしまう。

「さくままさんどうぞ」

テレビモニターにうつる紫色に染められた細胞。
「やっぱり腫瘍でした。99%悪性です。
何かしらの処置をしないと確実に死亡します。
どうしますか?」

どうしますかって言われたって・・・

「できるだけのことはしてあげたいです。
でも、何をしてもちょびがつらい苦しい思いを
するのならこのまま連れて帰ります。
今、ちょびが一番楽になれることをしてあげてください。」

ホントにそう思った。
いくら手術をしたり、薬を使ったりしても
ちょびが苦しい思いをするのなら
痛み止めだけをもらって、このまま帰ってもいい。
痛み止めも効かないのなら安楽死も・・・

自分のエゴだとわかっていても
ちょびに苦しい思いをさせるのは嫌だった。

でも、先生は手術を勧めてくれた。
「実際開けてみないとわからないけど、
触診をした感じでは転移はしてないし、
食欲も元気もあるから、やってみましょう。
ただ、再発の心配があるから、大きく取ったほうが
いいです。だから、眼球は残せないかもしれません。」

「そういうことはわかりませんので、先生にすべてお任せします。
その場で、一番良い方法を取ってください。」

片目がなくても、元気になればそれでいい。
そう、思うしかなかった。

「これからすぐに手術を始めますので、
このまま入院してください。
じゃ、受付で手続きをしてください。」

「よろしくおねがいします。」

受付で入院の手続きをして、手術の承諾書を書いて・・・
そのとき、動物看護師さんが
「おうちで食べてるご飯のほうが良いと思うので、持ってきていただけますか?」

いつもならきっと、「何でも食べるので、こちらで扱ってるフードで
きっと大丈夫です」って言っちゃうのに、
この日は「すぐに持ってきます。」 即答していた。

1時間後、フードを持って再び病院へ。
先生が手術着のまま出てきて、
「やっぱり眼球のほうまでいっちゃってました。
全部取りらせてもらいますね」

「わかりました。よろしくおねがいします。」

3日後、術後の状態もよくめでたく退院。
大きい傷が痛々しい。
鼻の横から耳の下まで線路が走ってるみたい。

でも、ご飯もいっぱい食べるし、ウンチももりもり。
さくまま家の子供はこうでなくちゃ!

手術から約2ヶ月。
毛も生えて、すごくきれいになりました。
病院通いも終わって、ホッとしてます。

お帰り ちょび!

f0066824_18395172.jpg

f0066824_1840671.jpg

[PR]
by sakuchobitora | 2007-10-18 18:41 | さくら家の人々

本編の始まり始まり~

さて、やっと始まりました、さく嬢復活第1弾!

驚愕!!あのお方から突然の○○。
さくまま硬直!なに言ってんの??

でございます。


なんのこっちゃ?とお思いでしょうが・・・

ある日突然電話がなりました。見たことのない市外局番・・・

「もしもし・・・」
「もしもし~こんにちは~ティアラママです~はじめましてぇ~」
「えっあっはいっ!はじめまして、さくままです。え~っあっあ・・・」

ここから先、何話したかほとんど覚えていません。
たぶん、送ったもの届きましたか~?とか?
サイズはどうでしたか~?とか?
さくらが喜んで外させてくれませ~ん・・・とか?

ティアラママが送ってくれたのはこれです↓
f0066824_1239302.jpg


ティアラとフィオが着けてる写真を見て、いいな~と・・・
ひそかにいいな~いいな~と九州方向にビームを発射していたところ
届いたのです!このカラーが!!う~れしいなぁ~♪

すぐにありがとメールを送ったんだけど、届いてなかったみたいで、
心配して電話をくれたのでした。

あまりにも突然だったので、何はなしていいのかもわからず・・・
電話置いてからも放心状態がしばらく続いて、正気に戻った時には

「1号~ねぇねぇ今の電話ティアラママだったよ~!!
ティアラママとしゃべっちゃったよ~~~~!!」と大興奮

ティアラママの声かわいい~の。すんご~くかわいい~の♪
いつか会いたいな~と思った出来事でした。
[PR]
by sakuchobitora | 2007-10-16 19:32 | さくら家の人々

お元気ですかぁ~?

ホントに長い間お休みさせていただきましたが、
本日さくまま復活いたします!!ボチボチ更新するよ~

皆さんにご心配おかけしましたが、ちょびも片目がないとは思えないほど元気になりました。
って言っても、おじいちゃんなので、食っちゃ寝生活なんですが・・・

さてさて・・・ちょびの繊維肉腫が見つかった前後からポチョポチョといろんなことがありました。

っていっても、他人からすればたいしたことでもないんだけどね・・・
それらはこちら↓
驚愕!!あのお方から突然の○○。
さくまま硬直!なに言ってんの??

→えっ!ちょびが癌!発覚即日手術!
→術後数日のちょびを預けて、家族旅行in浜松
→2号、2回目のJリーグ前座試合in日本平スタジアム
→1号西日本トランポリン選手権大会出場。さくまま夫婦in輪島
→1号県トランポリンシンクロ大会で年の差ペアで一般の部準優勝

やっぱり、大したことは起こってなかったな・・・

ホントなら、続けてトップ記事(?)を書くところなんだけど、
ここまで書き終わるまでに、なぜか2回も全部消しちゃって、
これは3回目。もう、書く気力が残っていません(泣

本編は、次回まで持越しって事で・・・おやすみなさい
[PR]
by sakuchobitora | 2007-10-14 00:08 | さくら家の人々


FCRの「さくら」とJRTの「空(くう)」と我が家の日常をお届けします


by sakuchobitora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ブログパーツ

カテゴリ

全体
さくらのお部屋
さくら家の人々
さくままサックス
さくままの診察録
さくままのリハビリ日記
さくままの入院日記
子ざるのサッカー日誌
子ざるのトランポリン日誌

お気に入りブログ

フラットコーテッドレトリ...
nemu★nemu にっき
母ちゃんちのご飯
Black paws d...
プリちゃんDAYS ...
おーしゃん日記リターンズ
ジョジョ丸の奇妙な冒険
ローザ通信
徒然むつ日記
ちょっと道草

おすすめ!

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧